ここから本文です

本田は出番なし、ライバルが決勝アシスト…ミランは連敗止めて今季2勝目

ゲキサカ 9/17(土) 5:54配信

[9.16 セリエA第4節 サンプドリア0-1ミラン]

 セリエAは16日、第4節を行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランは敵地でサンプドリアと対戦し、1-0で勝利した。連敗を2で止めたミランは開幕戦以来となる今季2勝目。本田は今季3試合目の出番なしに終わった。

 均衡状態は試合終盤まで続いた。ただミランが後半19分からFWカルロス・バッカを投入したあたりから、ゲームが動き出す。そして同34分にバッカが打ったシュートはポストに嫌われたが、可能性も見せ始めた。

 しかし連敗を避けたいサンプドリアも攻勢を強める。後半35分にはFWルイス・ムリエルのシュートがポストを直撃。同39分にはムリエルがゴールネットを揺らしたが、直前のハンドでゴールが認められることはなかった。

 すると直後にミランに絶好機がやってくる。後半40分、サンプドリアのバックラインのパスミスを見逃さなかったMFスソがパスカットからドリブル開始。ゴール前にスルーパスを出すと、バッカが蹴り込み、先制に成功した。

 この1点を守り抜いたミラン。前節のウディネーゼ戦で今季初出場した本田には最後まで出番が回ってくることはなかった。そして、現時点でポジション争いを繰り広げているスソが1アシストで結果を残すという本田にとってはまたも厳しい結果に終わっている。

最終更新:9/17(土) 5:56

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]