ここから本文です

横浜FMが3発快勝で2連勝、年間14位新潟は今季3度目の3連敗

ゲキサカ 9/17(土) 15:58配信

[9.17 J1第2ステージ第12節 横浜FM3-1新潟 日産ス]

 J1第2ステージは17日、第12節を行い、横浜F・マリノスはホームでアルビレックス新潟に3-1で快勝した。横浜FMは2連勝で、ホームでは7月13日の神戸戦(3-2)以来、5試合ぶりの白星。一方、年間14位で残留争いの渦中にある新潟は今季3度目の3連敗となった。

 横浜FMはFWカイケが累積警告で出場停止。前節・仙台戦(1-0)からは先発2人を変更し、DF金井貢史が2試合ぶり、MFマルティノスが3試合ぶりに先発した。右足甲の負傷で離脱していたMF中村俊輔は7月23日の磐田戦(1-1)以来、7試合ぶりのベンチ入りを果たしたが、出場機会はなかった。
 2連敗中の新潟は前節・名古屋戦(0-1)から先発2人を変更。MF小林裕紀が2試合ぶり、MF成岡翔が4試合ぶりに先発した。

 DF大野和成とDF舞行龍ジェームズを故障で欠く新潟は前節に続いてDF松原健、DF増田繁人、DF西村竜馬が3バックを形成。守備時は両ウイングバックのMF小泉慶、DFコルテースも最終ラインまで下がる5バックで守りを固めた。

 新潟の分厚い守備を攻めあぐねる横浜FMは前半11分、兵藤の左CKがファーサイドに流れてきたボールをFW伊藤翔がトラップからシュート。セットプレーからチャンスをつくるが、GK守田達弥の好セーブに阻まれた。その後もなかなか決定機をつくれずにいたが、前半29分、金井の左クロスに対してニアで新潟DF増田がかぶり、ゴール前に抜けてきたボールをMF兵藤慎剛が右足でゴール左隅に蹴り込んだ。

 兵藤は2戦連発の今季2得点目。横浜FMがリードを奪うと、1点を追う展開となった新潟も徐々に前への姿勢を強める。前半44分、ハーフウェーライン付近からMFレオ・シルバがドリブルで持ち上がり、PA内でラストパスを受けたFWラファエル・シルバが反転しながら左足でシュート。しかし、ここはGK榎本哲也が弾き出し、前半は横浜FMの1点リードで折り返した。

 横浜FMは後半立ち上がりの3分、金井の左クロスのセカンドボールにDF栗原勇蔵が素早く反応。後方から走り込んでボールを奪うと、PA正面から右に流し、MF中町公祐が右足ダイレクトでゴール左隅に流し込んだ。中町は5試合ぶり今季5ゴール目。2点ビハインドとなった新潟は後半10分、MF野津田岳人に代えてFW山崎亮平を投入した。

 高い位置から積極的にプレッシャーをかける新潟は後半13分、敵陣でボールを奪ったコルテースの縦パスを山崎が落とし、小林が右足でシュートを打ったが、ゴール上へ。それでも同22分、コルテースの左クロスがDF小林祐三に当たってコースが変わり、ファーサイドに抜けてきたボールをラファエル・シルバが右足で押し込んだ。

 1点を返し、勢いに乗りたい新潟だったが、直後の後半26分、横浜FMはカウンターから途中出場のMF天野純がドリブルで持ち上がり、PA右のMF前田直輝へ。前田は落ち着いて利き足の左足に持ち替え、ゴール左隅へ叩き込んだ。今季、東京Vから完全移籍で加入した前田は待望の移籍後初ゴール。3-1と突き放した。

 再び2点を追う展開となった新潟は後半29分、西村に代えてFW指宿洋史を投入し、4バックにシステムを変更。攻撃の枚数を増やし、ゴールを目指したが、2点目が遠かった。横浜FMは後半31分、伊藤に代わってMF齋藤学が1トップに入り、そのまま3-1で逃げ切り勝ち。ホームで約2か月ぶりの勝ち点3を手にした。

最終更新:9/17(土) 20:49

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。