ここから本文です

ミランで苦境の本田にMLS移籍報道…LAやNYから関心か

ゲキサカ 9/17(土) 16:35配信

 ミランの日本代表MF本田圭佑のアメリカMLSへの移籍の可能性をイタリア『カルチョメルカート』が報じている。

 本田のミランとの契約は17年6月までとなっている。しかし今季の本田はビンチェンツォ・モンテッラ監督の信頼を得ることが出来ず、開幕4戦を終えて出場は1試合。わずか11分間の出場にとどまっている。

 同メディアは本田が今年1月の『フォックススポーツ』のインタビューでMLSへの関心を認めていたことを紹介。過去2年間でMFカカ(オーランド・シティ)やMFアンドレア・ピルロら30代のスター選手がアメリカに渡っていることも本田の移籍に影響しそうだとしている。

 接触を試みているクラブとして、LAギャラクシー、ニューヨーク・シティ、ニューヨーク・レッドブルズを挙げている。ミランとしても1月の移籍なら移籍金が入るだけに、クラブ間交渉がスムーズに進む可能性もありそうだ。

最終更新:9/17(土) 16:35

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]