ここから本文です

右SHで先発の柴崎岳が2点に絡む! 磐田に3発完封の鹿島が3戦ぶり白星

ゲキサカ 9/17(土) 20:43配信

[9.16 J1第2ステージ第12節 鹿島3-0磐田 カシマ]

 鹿島アントラーズがホームでジュビロ磐田に3-0で勝利した。これで鹿島は3試合ぶりの白星を飾った。

 第2ステージに入って1勝5分5敗の15位と苦戦を強いられている磐田は、DF大井健太郎が前節・神戸戦(3-4)で左足腿を肉離れ。苦しい状況は続くが、立ち上がりからFWジェイとMFアダイウトンを中心に鹿島ゴールに襲い掛かり、敵地で勝ち点3獲得を目指した。

 一方の鹿島は、2試合白星なしで計4失点と最近は安定感を欠いている様子。この試合では、MF柴崎岳を2列目の右に入れ、前線の活性化を狙った。すると前半24分、柴崎が放った右足ミドルはGKカミンスキーに弾き出されたが、これで得た右CKから先制点を挙げる。キッカーの柴崎が蹴り込んだボールをDF昌子源が迫力のあるヘディングシュートでゴールネットを揺らし、鹿島が先手を取った。

 これでリズムを掴んだ鹿島は、試合を優勢に進める。前半40分、カウンターからMF土居聖真がボールを前に運び、右に展開。MF永木亮太がダイレクトでGKとDFの間に鋭いグラウンダーのクロスを送る。だが、ファーに走り込んだFW赤崎秀平にわずかに合わず。同44分には、PA右の深い位置でGKカミンスキーと対峙した赤崎が中央に折り返すも、土居は頭で押し込むことができなかった。

 後半も意地と意地がぶつかり合う。鹿島は後半16分、カウンターから2対1の場面を作るも、金崎は中央を並走した赤崎にパスを出すことはできず、DFパパドプーロスにカットされる。磐田も後半20分、アダイウトンが相手のマークを受けながらも右足ミドルシュート。枠内に飛び、決まったかと思われたがクロスバーに嫌われた。

 一進一退の攻防が続いたが、後半27分に鹿島に追加点が生まれる。柴崎のスルーパスで抜け出した途中出場のFW鈴木優磨が倒されてPKを獲得する。これを鈴木が自ら蹴り込み、2-0とリードを広げる。さらに同32分には、左サイドの中央あたりでFKを獲得すると、MF小笠原満男がクロスを入れる。ニアのジェイの頭に当たったボールがそのままゴールに吸い込まれ、3-0とした。

 1点でも返したい磐田だが、後半42分にパパドプーロスがこの日2枚目のイエローカードを受け、退場。反撃ムードに水を差され、最後までゴールネットを揺らすことができなかった。これで磐田は2連敗。J1残留に前進することはできなかった。

最終更新:9/17(土) 20:43

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。