ここから本文です

米消費者マインド指数速報値:前月から変わらず、4月以来の低水準

Bloomberg 9月17日(土)0時39分配信

9月の米消費者マインド指数は4月以来の低水準である前月から変わらず。景気見通しは改善したものの、所得や購入計画には明るさが欠けた。

9月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は89.8。ブルームバーグがまとめたエコ ノミスト予想の中央値は90.6だった。

ミシガン大の消費者調査ディレクター、リチャード・カーティン氏は発表文で、「消費者は現在の家計をある程度厳しく見ている。所得増の報告がほとんどなかったことがその大きな要因だ」と述べ、それでも「消費者はなお今後の景気見通しに対しては適度に明るい」と続けた。

現在の景況感を示す指数は103.5に低下。前月は107だった。6カ月後の先行き景況感を示す期待指数は81.1と、前月の78.7から上昇した。

1年先のインフレ期待値は2.3%で、前月の2.5%から低下した。5-10年先のインフレ期待値は2.5%で前月から変わらず。

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Michigan Consumer Sentiment Index Holds at Lowest Since April(抜粋)

Michelle Jamrisko, Patricia Laya

最終更新:9月17日(土)0時39分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]