ここから本文です

欧州株:下落、ドイツ銀ショックで売り波及-週間で3カ月ぶり大幅安

Bloomberg 9月17日(土)2時14分配信

16日の欧州株式市場ではドイツ銀行の急落が銀行業界全体に広がり、売りが加速。週間ベースでは指標のストックス欧州600指数が、英国が欧州連合(EU)離脱を選択して以降最大の下げを記録した。

ドイツ銀行は8.5%下落し、英EU離脱選択以来の大幅安。同行は住宅ローン担保証券(RMBS)販売問題の決着に米司法省から140億ドル(約1兆4300億円)の支払いを求められたが、これに近い額で決着させる考えはないと明らかにした。

これが材料視され、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)やクレディ・スイス・グループが4%前後の下げとなったほか、イタリアやポルトガルの銀行株も売り込まれた。ストックス欧州600の銀行株指数は週間で5.6%下げ、過去2カ月の上げ幅の3分の1を失った。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%安の337.82で終了。過去7営業日のうち6日で下げ、6週ぶりの安値に落ち込んだ。中央銀行が追加緩和に積極的でないとの懸念に銀行不安が加わり、同指数は6月以降で初めて2週連続で下落した。バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチのリポートによると、欧州株式投資ファンドの資金純流出入は過去最長の32週連続で出超となった。

CMCマーケッツ(ロンドン)の市場アナリスト、ジャスパー・ローラー氏は「ドイツ銀行のニュースが市場をやや動揺させた」と指摘。「当面続きそうな低金利環境、規制当局の厳しい監視という以前からの逆風に引き続き対処しているという事実をあらためて示した」と述べた。

西欧市場では、イタリアとポルトガルの下げが目立った。イタリアのモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナとポルトガル商業銀行は上場来安値を更新。ドイツDAX指数はドイツ銀行のほかBMWとフォルクスワーゲンの急落にも引きずられ、1.5%安で引けた。

原題:Bank Slump Triggers Worst Week in Three Months for Europe Stocks(抜粋)

Roxana Zega

最終更新:9月17日(土)2時14分

Bloomberg