ここから本文です

米ウェルズ・ファーゴの顧客が民事提訴-口座開設めぐり

Bloomberg 9月17日(土)17時6分配信

米銀ウェルズ・ファーゴのユタ州の顧客3人は16日、行員が無断で口座を開設したとされる問題で、損害賠償などを求めて同行を州内の連邦地裁に提訴した。同行に対しては訴訟が相次ぐ可能性がある。

原告は今回の不祥事で、顧客の保有口座数を平均8つに増やす「グル-エイト」と呼ばれる同行の取り組みに問題があったと指摘。この戦略で顧客の資金が知らないうちに作成された口座に許可なく移され、同行がこうした口座に手数料を課すことにつながったという。

顧客は訴状で、「ウェルズ・ファーゴのノルマは多くの行員にとって、不正で詐欺的な戦術を取らない限り達成困難なものだ。日々の営業ノルマを満たせない行員は幹部が接触し、しばしば叱責(しっせき)されるか、何としてもノルマを達成するよう告げられるかのいずれかないし両方だ」と述べた。

ウェルズ・ファーゴの広報担当者、メアリー・エシェット氏は、訴訟に関してコメントを控えた。

原題:Wells Fargo Slammed in Customer Suit Over Account Abuses (2)(抜粋)

Laura J Keller, Kartikay Mehrotra

最終更新:9月17日(土)17時6分

Bloomberg