ここから本文です

アパート隣室の男逮捕=79歳女性殺害容疑―警視庁

時事通信 9月18日(日)0時2分配信

 東京都西東京市のアパート一室で住人の無職女性(79)が首から血を流して死亡していた事件で、警視庁捜査1課は17日、殺人容疑で、同じアパートの隣の部屋に住む、アルバイト平岡大容疑者(30)を逮捕した。

 容疑を認め、「首を包丁で切って殺した」と供述している。

 逮捕容疑は8月1日夜ごろ、西東京市田無町にあるアパート2階で、この部屋に住む多田和代さんの首を包丁で切り付けるなどして殺害した疑い。

 同課などによると、今月16日夜、平岡容疑者から連絡があり、翌17日に同課が話を聴いたところ、殺害を自供した。現場に残されていた微物から同容疑者が浮上していたほか、知人に対し事件への関与を話していたことも確認されている。

 多田さんは1人暮らしで、玄関を入ってすぐの台所付近にあおむけで倒れているのを、8月2日午後に発見された。同容疑者は6月から隣の部屋に住んでおり、同課は多田さんと何らかのトラブルがあったとみて動機を調べている。 

最終更新:9月18日(日)0時24分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。