ここから本文です

テニス=錦織・杉田組が勝利、日本のデビス杯WG残留決定

ロイター 9月18日(日)8時46分配信

[17日 ロイター] - 男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ(杯)ワールドグループ(WG)入れ替え戦、日本─ウクライナは17日、大阪市靱TCで第2日のダブルス1試合を行い、日本の錦織圭、杉田祐一組が勝利。日本は通算3勝0敗とし、WG残留が決定した。

錦織組はアルテム・スミルノフ、セルジー・スタホフスキー組に6─3、6─0、6─3のストレート勝ちを収めた。

最終更新:9月18日(日)8時46分

ロイター