ここから本文です

4年ぶりBクラスでも阪神コーチ陣全員残留へ 来季に向け「変革」なし

東スポWeb 9月18日(日)6時9分配信

「超変革」で臨んだ今季の阪神は7試合を残して“終戦”を迎えた。17日現在、92失策、480得点、打率2割4分3厘はリーグワースト。84本塁打、57盗塁も最少タイと“弱さ”を露呈する数字がズラリ。捲土重来を期すにはかなりのテコ入れが必要不可欠だが、来季に向けた新組閣人事については、金本監督の意向で「全員残留」の方針で固まっているという。

「一、二軍コーチ陣とも残留が基本線。辞めるというコーチもいない。このスタッフでまた戦うということ。ただ、一、二軍で若干の入れ替えは検討している」(あるフロント幹部)。チームの最優先課題は攻撃力の向上で浮上しているのは、今岡誠二軍打撃兼野手総合コーチの一軍昇格案だ。

 金本監督らとともに2003年、05年のV戦士で、05年には驚異の147打点をマークして打点王に輝いた実績の持ち主。今季、局面での“勝負弱さ”を露呈した若手らナインの弱点克服にはうってつけの人材だろう。

 金本監督率いる「超変革内閣」は“改造なし”で勝負の2年目に突入する。

最終更新:9月18日(日)16時17分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]