ここから本文です

夕やみに浮かぶ名勝・養浩館庭園 11月までライトアップ

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 9/18(日) 8:27配信

 秋の紅葉シーズンを前に国の名勝、養浩館庭園(福井市)が17日夜、ライトアップされた。うっすらと色づき始めたモミジや石塔が夕やみに浮かび、日中とはひと味違う魅力が伝わってくる。

 福井市が観光客らに長く滞在してもらおうと、約60基の照明を設置。池に続く流れにはボール状のライトが浮かぶように配置され、幻想的な空間を演出している。庭園には虫の音が響き、柔らかな明かりで照らされた和の空間にカメラを向ける観光客らの姿も見られた。

 ライトアップは11月27日までの土・日曜と祝日。午後5時から同8時半まで点灯する(入園は同8時まで)。入園料は210円(中学生以下、70歳以上は無料)。期間中の土曜夜に琴の演奏会や茶会といった催しも企画されている。問い合わせは市文化振興課=電話0776(20)5367。

最終更新:9/18(日) 8:27

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ