ここから本文です

ヒストリアが人気に応え差し切りV/中山新馬

netkeiba.com 9月18日(日)12時48分配信

 18日、中山競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・牝・芝1600m・16頭)は、中団でレースを進めた蛯名正義騎手騎乗の1番人気ヒストリア(牝2、美浦・栗田徹厩舎)が、直線で外から一気に脚を伸ばして、前で競り合う4番人気ベストティアーズ(牝2、美浦・小島太厩舎)・2番人気ヴィアグローリアス(牝2、美浦・黒岩陽一厩舎)を捕らえ優勝した。勝ちタイムは1分39秒2(良)。

 2着は3/4馬身差でベストティアーズ、3着はさらにハナ差でヴィアグローリアスとなった。なお、3番人気シーズララバイ(牝2、美浦・竹内正洋厩舎)はヴィアグローリアスと3/4馬身差の4着に終わった。

 勝ったヒストリアは、父ハーツクライ、母アルヴィス、その父Mr. Greeleyという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヒストリア(牝2)
騎手:蛯名正義
厩舎:美浦・栗田徹
父:ハーツクライ
母:アルヴィス
母父:Mr. Greeley
馬主:山口功一郎
生産者:ノーザンファーム

最終更新:9月18日(日)12時48分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ