ここから本文です

いにしえの町並み、光で彩る 高砂で「万灯祭」

神戸新聞NEXT 9月18日(日)7時30分配信

 兵庫県高砂市高砂町の歴史的な建造物や風情ある町並みを光で彩る「たかさご万灯祭」(神戸新聞社後援)が17日、開幕した。今年は歴史的建造物12カ所がライトアップされ、10周年を祝う特別企画もある。訪れた人はジャズの演奏に耳を傾けながら、光の回廊を楽しんでいた。18日まで。

 市や商工会議所、観光協会などでつくる実行委員会の主催。山陽電鉄高砂駅南一帯が、県の歴史的景観形成地区に指定されたのを機に、2007年から開いている。

 堀川に停泊するヨット約30隻も発光ダイオード(LED)で彩られ、高砂神社の境内はろうそくの柔らかい光で照らされていた。

 6カ所に設置された「結びのキャンドル」を探す10周年の特別企画には、カップルや親子連れらが参加。堀川前に設けられたハート形のオブジェは撮影スポットとしてにぎわっていた。

 18日は午後6~9時。高砂観光交流ビューローTEL079・441・8076

(津田和納)

最終更新:9月18日(日)8時50分

神戸新聞NEXT