ここから本文です

<パラ陸上>山本篤が「銀」…男子走り幅跳び

毎日新聞 9月18日(日)0時5分配信

 【リオデジャネイロ岩壁峻】リオデジャネイロ・パラリンピックは第11日の17日、陸上男子走り幅跳び(切断などT42)で、2013年と15年の世界選手権で2連覇をしていた山本篤(34)=スズキ浜松AC=が6メートル62で銀メダルを獲得した。山本は今大会で男子400メートルリレー(切断など)の銅メダルに続く2個目のメダルとなった。

【写真特集】走り幅跳び・山本が銀メダル

 日本勢の総メダル数は20個(銀9、銅11)に到達した。

 しかし、大会前に10個を目標に掲げていた金メダルの獲得はなく、パラリンピックに初参加した1964年東京大会以来、続いてきた金メダル獲得が途絶える可能性が出てきた。

 大会最終日は18日、視覚障害者によるマラソンで初実施の女子で道下美里(39)=三井住友海上=が初代女王の座を目指す。

最終更新:9月18日(日)14時27分

毎日新聞