ここから本文です

石垣に一棟貸し切りコテージ「島の休日 ヨイサーマー」 くつろぎをテーマに /沖縄

みんなの経済新聞ネットワーク 9月18日(日)8時44分配信

 石垣に一棟貸し切りコテージ「島の休日 ヨイサーマー」(石垣市伊原間2、TEL 090-1944-5995)がオープンして1カ月がたった。(石垣経済新聞)

リビングルーム

 石垣市北部の伊原間地域に位置する同コテージ。運営する半嶺郁美(はんみねいくみ)さんは「まったりと時が流れ、海からの風が木々の間を抜けて揺り籠のように包み込んでくれるロケーションなので、揺り籠の方言『ヨイサーマー』を店名にした」と話す。

 2階建てのコテージは、1階に、ヒノキの香りに満ちた29平方メートルのリビングダイニング、2段ベッドの寝室、対面式のキッチン、洗面室と浴室を用意。2階は2つの寝室とルーフテラスの間取り。1階庭先には16平方メートルのバルコニーを設け、ウッドデスク・チェアーと本格的なバーベキューグリルを用意する。

 石垣全日空ホテル&リゾート(現在のANAインターコンチネンタル石垣リゾート)でフロントなどを担当したことや、特別支援学校での業務経験がコテージの運営に役立っているという半嶺さん。「ホスピタリティーに従事したキャリアを生かすことができて毎日が楽しい」と笑顔を見せる。

 半嶺さんは4年前にコテージを利用し、海からの風や木漏れ日の中で心が癒やされるひとときを体験。「こんなところで人々にくつろいでもらえる仕事をしてみたい」と思ったという。その3年後、友人からコテージを運営する人を探しているという話を受け、「運命を感じた」という。

 協力メンバーと共に開業の準備をして8月8日にオープン。市民対象でモニター宿泊を実施したところ「皆さんに好評でうれしかった。くつろげたとの意見が多く、既にリピーターもいる」と喜びを隠さない。利用者からのつながりで観光客の予約や問い合わせも続いているという。

 半嶺さんは「コテージから海岸に続く道を進むと突然パノラマのような海が現れる。自宅のようなコテージライフと海をより多くの人に味わってもらいたい」と話す。

 収容人数は2人~9人。料金は2人=3万2,000円など。予約はインターネットか電話(TEL 090-1944-5995)で受け付ける。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月20日(火)9時30分

みんなの経済新聞ネットワーク