ここから本文です

「ハンバーグ」「大きな小動物」? 『聲の形』監督の珍指令に声優困惑!?

cinemacafe.net 9月18日(日)13時15分配信

アニメーション映画『聲の形』が9月17日(土)に公開を迎え、声優を務めた入野自由、早見沙織、松岡茉優、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、山田尚子監督が揃って上映前の舞台挨拶に登壇した。

【画像】舞台挨拶の様子

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回手塚治虫文化賞新生賞に輝いた人気漫画をアニメ「けいおん!」『たまこラブストーリー』の山田監督が映画化。周囲の誰とも交わることなく生きる高校生の将也は、かつて小学生の頃、心無い行為で傷つけてしまった聴覚障害を持つ硝子に再び会いに行くが…。

イジメや障害といったセンセーショナルな内容を含む本作だが、入野さんは将也を演じるにあたり「監督から『核として描きたいのは人のつながり。繋がりたいけど繋がれない、伝えたいけど伝えられない、ディスコミュニケーションを描きたい』と言われ、迷ったときは『つながりたい』という思いを持って演じようと臨みました」と明かす。例えとして監督からは「大きな小動物が怯えている感じ」というヒントを与えられたそうで、それを入野さんなりに解釈して演じたという。この挨拶中にも、監督から「でかいハムスター!」という解説(?)が聞こえてきたが、入野さんは「それ、もうハムスターじゃないじゃん!」と苦笑交じりにツッコミを入れ、会場は笑いに包まれた。

ちなみに、小学生時代の将也を演じた松岡さんにも「ハンバーグって感じの女の子」とうさらに謎の指令があったという。松岡さんは、実際、監督からアフレコブースで「ハンバーグ」と叫ぶように指示されたそうで「延々とブースでやっていました(笑)」と明かす。松岡さんは、並み居るプロの声優の中に自分が加わっていることに恐縮しきり。山田監督があるドラマで松岡さんの演技を見て「ぜひ!」と熱烈なオファーをしたと聞いても不安そう…。そんな松岡さんの不安を和らげるべく、入野さんは「最初は苦戦されていたようですが『伝えたい!』という思いがすごく強くて、それはこの作品が描いていることそのもの」と語り、早見さんは、小学生時代の将也と硝子のある激しいシーンに言及。「噛み合ってない2人のものすごいハーモニーが生まれた!」と称賛した。

山田監督はaikoが歌う主題歌の力についても触れ、昨日、初めて主題歌が生で観客の前で披露されたライブに行き、aikoさんと直接話をしたと明かし「aikoさんは原作が大好きで、(話をしながら)思いがあふれていました!」と熱く語っていた。

『聲の形』は公開中。

最終更新:9月18日(日)13時15分

cinemacafe.net