ここから本文です

真田丸・草刈正雄「ナレ死じゃなかった」MVP評価に感謝

デイリースポーツ 9/18(日) 6:00配信

 NHK大河ドラマ「真田丸」で主人公の父・真田昌幸を熱演中の俳優・草刈正雄(64)が17日、大阪市内で同ドラマのトークイベントに出席。25日放送分で昌幸が最期を迎えることが明かされた。

 知謀・策謀の限りを尽くして戦国乱世を生き抜いた小国の主・真田昌幸を、どこかトボけた憎めない人物として好演した草刈。大人気となった役柄について「ここまで父親がしゃしゃり出てくる大河ドラマは珍しい。のびのびとやらせてもらいました」と語った。

 物語は関ケ原合戦で西軍が敗北。18日放送分で昌幸は九度山(和歌山)に流刑の身となり、25日に最期が描かれる。同ドラマでは織田信長、明智光秀ら多くの有力武将の最期が描かれず、有働由美子アナウンサーのナレーションだけで死を伝える手法が続き「ナレ死」と呼ばれ話題となっているが、草刈は昌幸の最期を「ナレ死じゃなかった。よかった」と笑顔。「現場に立つのが一番好きな武将で九度山ではイラだってますが、苦しさと寂しさを見ていただければ」と訴えた。

 昌幸が危機に直面するたび発した「えらいことになった!」の名文句も人気に。ファンから「真田丸」のMVPとも評されており、「ブログなどに皆さんの声が届き、励みです。ありがたいです」と感謝した。

 主演の堺雅人(42)は緻密に役作りするタイプだといい「堺君に『昌幸をどんな人物像でとらえてますか』と聞かれ、『ざっくりやってる』と答えると『勉強になります』と言われました」と告白。「これから、もっと面白くなる」とPRしたが、今後の見どころには「自分が終わった後の台本は読んでない」と昌幸を地でいくトークを展開した。

最終更新:9/18(日) 7:11

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]