ここから本文です

真田丸・草刈正雄「ナレ死じゃなかった」MVP評価に感謝

デイリースポーツ 9月18日(日)6時0分配信

 NHK大河ドラマ「真田丸」で主人公の父・真田昌幸を熱演中の俳優・草刈正雄(64)が17日、大阪市内で同ドラマのトークイベントに出席。25日放送分で昌幸が最期を迎えることが明かされた。

 知謀・策謀の限りを尽くして戦国乱世を生き抜いた小国の主・真田昌幸を、どこかトボけた憎めない人物として好演した草刈。大人気となった役柄について「ここまで父親がしゃしゃり出てくる大河ドラマは珍しい。のびのびとやらせてもらいました」と語った。

 物語は関ケ原合戦で西軍が敗北。18日放送分で昌幸は九度山(和歌山)に流刑の身となり、25日に最期が描かれる。同ドラマでは織田信長、明智光秀ら多くの有力武将の最期が描かれず、有働由美子アナウンサーのナレーションだけで死を伝える手法が続き「ナレ死」と呼ばれ話題となっているが、草刈は昌幸の最期を「ナレ死じゃなかった。よかった」と笑顔。「現場に立つのが一番好きな武将で九度山ではイラだってますが、苦しさと寂しさを見ていただければ」と訴えた。

 昌幸が危機に直面するたび発した「えらいことになった!」の名文句も人気に。ファンから「真田丸」のMVPとも評されており、「ブログなどに皆さんの声が届き、励みです。ありがたいです」と感謝した。

 主演の堺雅人(42)は緻密に役作りするタイプだといい「堺君に『昌幸をどんな人物像でとらえてますか』と聞かれ、『ざっくりやってる』と答えると『勉強になります』と言われました」と告白。「これから、もっと面白くなる」とPRしたが、今後の見どころには「自分が終わった後の台本は読んでない」と昌幸を地でいくトークを展開した。

最終更新:9月18日(日)7時11分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。