ここから本文です

ピケ、チームの3バックの採用に「少し疲れたがバルサはリスクを冒していくべき」

GOAL 9月18日(日)10時26分配信

17日のリーガエスパニョーラ第4節、バルセロナはアウェーでのレガネス戦に5-1で勝利した。DFジェラール・ピケは試合後、3-4-3システムでのプレーに「少し疲れた」との感想を述べている。

スペイン代表DFは『バルサTV』に対して次のようにコメントした。

「新たなシステムを使ったために、少し疲れたね。だけど僕たちが所属しているのはバルサであり、リスクを冒すことを受け入れなければならない」

「DFラインが一人少なければ、相手のチャンスは増えることになる。だけど、3バックは攻撃面で恩恵となるんだよ。僕たちが狙ったのはスペースとチャンスを生み出すことだった。チームはまたもや素晴らしいプレーを見せたね」

ピケはまた、前節アラベス戦の敗戦からチームが立ち直ったことを強調している。

「僕たちはほとんどの試合に勝利しているが、ときには負けることだってある。敗戦したときにすべきは、立ち上がることにほかならない。セルティック戦、このレガネス戦と、チームは実際にそうすることができた。アラベスとの試合はすでに忘れ去られたことであり、今は次節のアトレティコ・マドリー戦に集中しなければならない」

GOAL

最終更新:9月18日(日)10時26分

GOAL