ここから本文です

最後に恒例(?)の新情報PVを公開!

Impress Watch 9月18日(日)0時0分配信

 スクウェア・エニックスは、東京ゲームショウ2016の同社ブースにて「『ドラゴンクエストX TV』東京ゲームショウ2016出張版スペシャル」ステージを開催した。登壇者は、「ドラゴンクエストX」プロデューサーの齊藤陽介氏、ディレクターの齋藤力氏、チーフプランナーの安西崇氏。司会はタレントの椿姫彩菜さんで、スペシャルゲストは「DQX第4期初心者大使」を務めたタレントの大山雄史さん。

【この記事に関する別の画像を見る】

 本ステージは、ゲーム内のイベントやコンテンツに登壇者とゲストがそれぞれ挑戦していくというもの。お題は「竜王城の決戦」、「スライムレース」、「邪心の宮殿 四獄」の3本立て。すべてに勝利した場合、齊藤プロデューサーから「プレゼントのじゅもん」が公開されるという。

 まずは、齋藤ディレクターが初代「ドラゴンクエスト」最終ボス戦をモチーフにしたイベント「竜王城の決戦」に挑戦。コアプレーヤーはソロクリアした人もいるというが、さすがにそれはシビアすぎるのかNPCサブキャラクター3人を加えて竜王討伐に挑む。「ドラゴンクエスト」にちなんで、NPCは「アキーラ」、「すぎやん」、「ゆうぽん」と名づけられていた。開始直前にプレイ実況に長けた大山さんが齋藤ディレクターに的確なアドバイスをするも、緊張からか「さっぱりわからん!(齋藤ディレクター)」とバッサリ。

 ステージの尺を考えてザコを無視して竜王の部屋に直行する齋藤ディレクター。いわく「昨日寝る前にやったら2勝2敗。自分が死ぬと立て直せないから!」と、なんとも心もとない発言。再び緊張からか、竜王にやられたゆうぼんを「堀井さん!」と呼んでしまう齋藤ディレクター。途中まではそれなりに順調だったが、杞憂していた「自分が死ぬと立て直せないから!」をやらかしてしまい、あとは画面を眺めるだけ。すぎやん、アキーラ、ゆうぼんとステータスが真っ赤になり、当然のようにゲームオーバー。「余興は終わり。これから本番で!」という齋藤ディレクターに、「『プレゼントのじゅもん』? そんなもん後から何とでもするから!」と、身も蓋もない言葉を重ねる齊藤プロデューサー。本当に大丈夫なのだろうか……

【竜王城の決戦】

 「これがヤラセがない『ドラクエX TV』!(齊藤プロデューサー)」と、なし崩しに2本目の「スライムレース」スタート。レース用のmyスライムを育てて挑む期間限定イベントで、挑戦者は齊藤プロデューサー、椿姫さん、安西チーフプランナーの3人。「最初は負けたほうが盛り上がる」とアバウトな雰囲気をかもしていた齊藤プロデューサーだが、いざレースが始まるとぶっちぎりで勝利! 続く椿姫さん、安西チーフプランナーも同様にぶっちぎりで勝利するという“ヤラセがない”展開。なんだかんだそれなりに育成していたこと、さらにはレース中の作戦がきちんと奏功したことが勝因といえそうだ。

【スライムレース】

 ラスト「邪心の宮殿 四獄」に挑むのは、齊藤プロデューサー、齋藤ディレクター、安西チーフプランナー、大山さんの4人。邪心の宮殿は3つの前提条件をふまえ最大8人でボスに挑戦する高難易度のコンテンツ。ここで「4人?」と気づかれた方も多いと思うが、いわゆる“しばり”というやつで、「8分以内に討伐せよ!」、「戦闘中どうぐを使用してはならない」、「以下の職業で挑むこと。占い師」のほか「4人で がんばれや。」という条件が追加されていた。この日のために大山さんとスレア海岸でデッキを、「僧侶系は持ってなかった」と神託やはやぶさの剣改など装備をそれぞれお整えてきたという齊藤プロデューサー。

 直前のニコ生アンケートでは「クリアできない」が54.1パーセントと予想はほぼ拮抗。齊藤プロデューサーも「開幕ジゴデインで全滅に500ペリカ」といいつつ、いざ始まる段になると「4人で勝つコツはうまく審判を回すことで、受けに回ると時間が足りない。勝率7割くらいはある」と強気。デッキ構成は、それぞれ攻撃スタイルを軸にバランスを考えたものになっていた。

 準備万端、いざ挑戦……という段になって、齋藤ディレクターから「マスタースキルを振り忘れていた」とまさかの弁。あっけにとられる壇上の面々だが「練習では勝てたから!」と振り直しをせずそのまま強行! 練習の成果か、残り1分までは「ギリギリいける!?」という感じだったが、やはりマスタースキルぶんの差が生じたのか、「あと1、2回攻撃できていれば!(大山さん)」というギリギリで時間切れとなってしまった。

【邪心の宮殿 四獄】

 残されたステージの尺を考えるとギリギリだが、ここで齊藤プロデューサーが「まぁまぁいい勝負ができたんじゃない!?」とリベンジを熱望。これ以上の失敗は許されないということで、4人という前提を崩し、司会の椿姫さんと広報のあんきも氏を加えた6人で再挑戦。マスタースキルを再振りする齋藤ディレクター、一獄しかやったことがないエンジョイ勢だが昨晩椿姫さんとデッキを整えたというあんきも氏。人数が増えると範囲攻撃のまきぞえが懸念されるが、やはり頭数を増やした強みが優り5分5秒08で見事勝利。「竜王城なんて最初からなかった」と、齊藤プロデューサーは連勝をアピールしてプレゼントのじゅもん「りゅうおうへのみち」を公開した。

 チャレンジ後は、9月24日の12時から18人の出演者がリレー形式で参加する「ドラゴンクエストV」ゲーム実況放送、9月23日から「DQXショップ」で発売される新商品をアナウンス。さらには、サイトーブイが飛び入りで、11月刊行予定「蒼天のソウラ(8巻)」と特典の「ギュッとソーミャ人形」をアピール。

 続けて齋藤ディレクターが「今日は情報を出さないつもりだけど1点だけ」と、3.4延期でマイコーデ枠の拡張が行なわれることを明らかにした。マイコーデ枠の拡張はユーザーの要望も強く常々検討されてきたが、物理ストレージの問題で対応が難しかったが、オプション課金による対応を決定。4枠が無料で追加され、それでも足りない人はオプション課金となる。

【「ドラクエV」ゲーム実況放送】【「DQXショップ」9月23日新作】【11月刊行予定「蒼天のソウラ(8巻)」特典「ギュッとソーミャ人形」】

 イベントの最後には、直近の「ドラゴンクエストX TV」でも行なわれたおなじみのサプライズ(?)で最新PVを上映。Ver3.4「水の領界」やアップデート内容が公開された。本稿執筆時点でまだ公式サイトや「冒険者の広場」には上がっていないようだが、すぐアップロードされると思われるので気になる人はぜひチェックしていただきたい。

【サプライズ最新PV】©2012-1015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

GAME Watch,豊臣和孝

【関連記事】

最終更新:9月18日(日)0時0分

Impress Watch