ここから本文です

PS4に特化したシリーズ最新作「GUNDAM VERSUS」を発表

Impress Watch 9月18日(日)8時0分配信

 バンダイナムコエンターテインメントは、TGS会場で「ガンダムゲーム30周年スペシャルステージ」を開催した。スペシャルサポーターとして声優の古谷徹氏が登場、いくつものガンダムゲームの最新情報が明らかになった。

【この記事に関する別の画像を見る】

 2016年は、バンダイのファミコン向けアクション「機動戦士Zガンダム・ホットスクランブル」が発売されてから30周年にあたる。古谷氏は「ゲームのおかげで『親父にもぶたれたことないのに!』とかを毎年のようにやっています。『ガンダムゲーム』は」とコメント。

 古谷さんが特に好きなガンダムゲームはセガサターンの「機動戦士ガンダム外伝」。ブルーディスティニーが好きだったという。さらに「GNO(ガンダム・ネットワーク・オペレーション)」で自分のギルドを作り、仲間達とチャットをしたりするのも楽しかったという。

 このイベントでは3つの大きな発表があった。1つめはPS4向け対戦アクション「GUNDAM VERSUS」。「ガンダム VS」シリーズの最新作にあたる。これまではアーケード版の移植という形だったが、PS4用にオンラインマルチプレイを軸にして製作されていく。

 登壇したプロデューサーの安田直矢氏は、「本作はPS4ならではの性能を活かしたグラフィックス表現をしていく」とコメントした。建造物がリアルタイムで崩れていく表現や、背景の緻密さ、煙の表現などを見て欲しいとのこと。

 そして会場ではクローズドαテストの開催が発表された。オンラインではなく、限定したユーザーを会場に呼んで行なう少人数のテストを予定しているという。そしてテスターの意見を活かしてブラッシュアップを行なっていくという。

 2つ目の発表は「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」でのオリジナルキャラクター「ユーコ・オルテンシア」の登場。本作のオープニングとエンディングを担当するアーティスト鈴華ゆう子さんをモデルにしたキャラクターで、彼女が声優を務める。

 キャラクターは鈴華さんをモデルにしたデザインで、セリフなども彼女のライブでのセリフなどを取り入れている。かなり元気な雰囲気のキャラクターになるという。「フェニックス・ゼロワン」に乗り、戦っていくという。

 ユーコ・オルテンシアを使用する先行ダウンロードコードは、11月23日に発売が決定した、鈴華ゆう子さんの1stソロミニアルバム「CRADLE OF ETERNITY」の初回封入特典となるということも発表された。

 3つ目の発表がガンダムゲーム30周年記念機体「スクランブルガンダム」と「ホットスクランブルガンダム」のゲームへの登場。「ガンダムコンクエスト」、「ガンダムエリアウォーズ」、「ガンダムロワイヤル」など様々なタイトルに登場する。

 「機動戦士Zガンダム・ホットスクランブル」にちなんだZガンダムをベースにした機体で、スクランブルガンダムは、アニメ「ガンダムビルドファイターズトライ アイランドウォーズ」に謎の機体として登場。ホットスクランブルガンダムは、公式外伝コミック「ガンダムビルドファイターズトライ アメイジングレディ」に登場した。

 今回はさらに30周年記念のグッズのプレゼントも行なっており、こちらの応募も受け付けている。こちらは公式ページを参照して欲しい。

【PS4「GUNDAM VERSUS」ティザーPV(シリーズ15周年記念Ver.)】

【GUNDAM VERSUS】

【ユーコ・オルテンシア】

【30周年記念機体】

GAME Watch,勝田哲也

最終更新:9月18日(日)8時0分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。