ここから本文です

皐月賞馬ディーマジェスティが始動戦V いざ2冠制覇へ/セントライト記念

netkeiba.com 9/18(日) 15:51配信

 18日、中山競馬場で行われたセントライト記念(3歳・GII・芝2200m)は、後方でレースを進めた蛯名正義騎手騎乗の1番人気ディーマジェスティ(牡3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が、3~4コーナーで先団に取りついて、好位追走から一旦先頭に立った2番人気ゼーヴィント(牡3、美浦・木村哲也厩舎)を直線で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分13秒1(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に3番人気プロディガルサン(牡3、美浦・国枝栄厩舎)が入った。

 勝ったディーマジェスティは、父ディープインパクト、母エルメスティアラ、その父ブライアンズタイムという血統。日本ダービー(3着)以来のレースをキッチリと制し、菊花賞でのクラシック2冠制覇に向け弾みをつけた。なお、本馬及び2着のゼーヴィント、3着のプロディガルサンは10月23日に京都競馬場で行われる菊花賞の優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
◆ディーマジェスティ(牡3)
騎手:蛯名正義
厩舎:美浦・二ノ宮敬宇
父:ディープインパクト
母:エルメスティアラ
母父:ブライアンズタイム
馬主:嶋田賢
生産者:服部牧場
通算成績:7戦4勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2016年皐月賞(GI)

最終更新:9/18(日) 17:12

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]