ここから本文です

熊本地震の災害廃棄物処理、川崎市とJR貨物が連携

レスポンス 9/18(日) 9:30配信

川崎市はこのほど、熊本市と災害廃棄物の処理に関する協定書を締結したと発表した。熊本地震で発生した災害廃棄物を、JR貨物と川崎市が連携して処理する。

[関連写真]

発表によると、熊本市が家屋の解体木くず(1日約20t)をコンテナに積み込み、JR貨物が熊本から川崎まで輸送する。川崎市は浮島処理センター(川崎区)で木くずを焼却する。実施期間は9月16日から2018年6月30日まで。

川崎市は1995年10月から、鉄道を活用した廃棄物輸送を実施。JR貨物は、同市北部で発生したゴミを臨海部の処理施設に運ぶ貨物列車を運行している。阪神淡路大震災と新潟県中越沖地震では、川崎市とJR貨物の連携による災害廃棄物の処理が実施された。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9/18(日) 9:44

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。