ここから本文です

山梨大が地域活性化でシンポ

産経新聞 9月18日(日)7時55分配信

 山梨大は「地域の活性化~ツーリズムによる取り組みから~」と題する講演・シンポジウム・中間報告会を29日午後1時半から、県立図書館(甲府市北口)で開く。

 地域に根ざした取り組みや集客で実績のある元九州国立博物館長の三輪嘉六氏が特別講演。シンポでは「ツーリズムによる里づくり」をテーマに3人の同大教授、准教授が同大のツーリズムを紹介、地域活性化を考える。また、中間報告会では、同大学生が農業分野での地域の課題を研究テーマとする成果の発表などをする。

 定員100人、参加は無料。申し込みは同大ホームページ、メール、FAXで。問い合わせは同大地域未来創造センターCOC部門(電)055・220・8129。

最終更新:9月18日(日)7時55分

産経新聞