ここから本文です

フォッシルのスマートウォッチをAndroidスマホと接続(ペアリング)する方法

アスキー 9月18日(日)11時0分配信

フォッシルのスマートウォッチ「Fossil Q」シリーズ 第2世代をAndroidスマホと接続(ペアリング)する方法を解説します。
 この連載では、スマートウォッチFossil Qシリーズ 第2世代のセットアップやスマホ連携、提供されているさまざまなアプリの紹介まで、使いこなしテクニックをわかりやすく手順を追って紹介!
 

 初回となる今回は、Fossil Qシリーズを購入して最初にする必要があるスマートフォンとの接続(ペアリング)作業について解説する。
 
 対応するスマートフォンはAndroid(OS4.3以降)、iPhone(iOS8.2以降/iPhone 5以降)だ。ここでは「Qマーシャル タッチスクリーン ブラウンレザー スマートウォッチ」を例に取るが、Qワンダー、Qマーシャルであれば、操作は同様だ。
 
 まず、ペアリング設定前にFossil Qシリーズのスマートウォッチを充電しておこう。
 
「ペアリング」とは
 
 スマートフォンとスマートウォッチはBluetoothで接続してデータをやりとりするが、近くにある無関係な機器同士と接続してしまわないように、最初にペアとして明示的に登録しておく必要がある。この接続手続きをペアリングと呼ぶ。一度ペアリングを行えば、以後は自動的に接続される。
 
スマートフォンとペアリングする(Android編)
 Fossil Qをスマートフォンとペアリングするためには、「Android Wear」というアプリを利用する。まずスマートフォンやPCでPlay ストアから、アプリAndroid Wearを検索してインストールしよう。
 
 スマートフォンでこの画面が表示されたら、いったんそのままにして、次にFossil Q側の操作を行う。
 
「スワイプ」とは
 
 Fossil Qのパネルはタッチスクリーンになっており、指で直接触ることによってさまざまな操作ができる。
 
 スワイプとは指で画面に触れ、そのままその指を上下左右に「すーっと」動かすことをいう。また、画面の一点を軽く押してすぐ離す操作は「タップ」という。
 
充電器との接続が必要な場合も
 
 もしペアリング作業時にこの画面が表示されたら、充電用マグネットを接続した状態で作業を続行しよう。ペアリングには安定した電源供給が必要らしく、フル充電の状態でも表示されることがある。
 
 
文● 田口和裕 編集●飯島恵里子/ASCII.jp

最終更新:9月28日(水)15時38分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]