ここから本文です

ドルトムント指揮官、2試合連続6発完封勝ちに満足…若手たちの勇敢なプレーを称賛

GOAL 9月18日(日)11時35分配信

ボルシア・ドルトムントは17日に行われたブンデスリーガ第3節でダルムシュタットをホームに迎え、6-0での大勝を収めている。トーマス・トゥヘル監督は試合後、若手の勇気をたたえた。

14日のチャンピオンズリーグ戦でレギア・ワルシャワを6-0で一蹴したドルトムントだが、今度はダルムシュタットを同じスコアで下した。MFゴンサロ・カストロが2ゴール、FWアドリアン・ラモス、クリスチャン・プリシッチや途中出場のMFセバスティアン・ローデ、FWエムレ・モルがそれぞれ1ゴールを決めている。

トゥヘル監督は試合の内容、結果ともに満足しているようだ。クラブの公式サイトが伝えている。

「非常に円滑なパフォーマンスを見せたと思う。ミッドウィークのレギア戦でのレベルを維持できた。今日の試合は我々のペースとリズムで進めたかったが、ファイナルサードに入り込むためのアグレッシブな姿勢と意欲を生かし、それができた。試合を終始コントロールし、妥当な勝利を収めた」

一方で、このように圧倒できたことを当然だと思っていないようだ。

「5人のバックライン、その前に4人の列を置く相手と対戦するのは限りなく難しい。相手ゴール前のエリアに入れるためには、プレースピードと我慢強さを混ぜ合わせたものが必要。もちろん1対1に臨む勇気、数的有利な状況を作ってくれるプレーヤーたちも必要だ。パスだけではそれはできないからね」

MF香川真司やマリオ・ゲッツェ、FWピエール=エメリク・オーバメヤンらがベンチに置かれ、DFラファエル・ゲレイロ、FWウスマン・デンべレ、プリシッチら若手はスタメン起用。

思い切ったターンオーバーに踏み出したトゥヘル監督だが、彼らについてこう語っている。

「彼らには我々にスピードを与え、サイドから中に入りドリブルを仕掛ける勇気を見せてほしい。それが彼らの特性だからね。我々にとってそれらのポジションでプレーする彼らは非常に貴重だね。ほかのプレーヤーたちは彼らに、あのように自由にプレーできるための舞台をつくってくれる。我々は若い選手たちを信頼しているよ。そうでなければプレーさせないよ」

一方、トゥヘル監督はゲッツェは途中出場させて、シグナル・イドゥナ・パークでの再デビューを飾らせるつもりだったことも明かしている。

「マリオは代表の2試合をプレーし、我々の下でも2試合先発出場したんだ。だが以前は負傷していたし、インテンシティーが高くない時期を過ごしていた。なので、慎重にいきたかったんだ。本来はホームゲームでもあったし、彼にこのステージを与えるためにも彼を途中出場させたかったけどね。だが、マルセル・シュメルツァーが少し問題を抱えていたため、(シュメルツァーの交代で)それができなくなってしまった」

GOAL

最終更新:9月18日(日)11時35分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]