ここから本文です

素朴な調べ まち包む  城端むぎや祭

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 9/18(日) 10:41配信

 第66回城端むぎや祭が17日、南砺市城端地域中心部で開幕した。雨が降る時間帯もあったが、住民らはりんとした表情で五箇山民謡の唄や踊りを披露。「越中の小京都」と呼ばれるまちを素朴な調べが包み、多くの観光客がしっとりとした風情を楽しんだ。18日まで。

 競演会の城端別院善徳寺会場は寺で進む「平成の大修理」のうち本堂の修復がほぼ完了したため、4年ぶりに境内に舞台が設けられた。住民らは町内や団体ごとに麦屋節などを上演。紋付きはかまの男性はきびきびと、着物姿の女性はゆったりと舞った。

 城端伝統芸能会館じょうはな座でも競演会があった。中心部の4カ所に「街並み踊り」の会場が設けられ、街角でも演舞が繰り広げられた。

 18日は午後2時から街並み踊り、同2時半から競演会が始まる。同8時半からの総踊りで締めくくる。屋外での催しは雨天中止となる場合がある。城端むぎや祭は同祭協賛会主催、北日本新聞社共催。

最終更新:9/18(日) 10:41

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ