ここから本文です

「iPhone 7」ジェットブラックの憂鬱

ITmedia Mobile 9月18日(日)6時10分配信

 9月16日に発売したAppleの「iPhone 7/7 Plus」。新モデルが登場するたびに新色が話題となるが、今回はジェットブラックとブラックの2色が追加された。

【画像】話題のジェットブラック

 中でも光沢のあるジェットブラックが人気のようだが、Apple公式が“異例の注意書き”を出したことでも注目を浴びている。光沢仕上げにしたことで、表面は傷つきやすいのだ。

 ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗(原文ママ)が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

 iPhone 6sシリーズでは新色ローズゴールドが話題になり、iPhone 7では当然ピカピカの高光沢仕上げがまぶしいジェットブラックで……といきたいところだが、そう簡単にはいかない。

 Appleは、摩耗が気になる人にiPhone用ケースを推奨しているが、それではわざわざジェットブラックを買った意味がなくなってしまう。誰から見ても新モデルと分かるように新色を買いたい、しかし、傷のリスクを減らすにはケースを装着する必要がある。ここに、ジェットブラックのジレンマ、いや、ジェットブラックの憂鬱がある。

 一方、もう1つのブラックはマットな質感だ。端末表面が傷つくのを避けたいならブラックを選ぶのもいいだろう。どうしてもジェットブラックを主張したいという人は、端末背面を覆わないバンパーケースを使うのが安全だ。

最終更新:9月18日(日)6時10分

ITmedia Mobile