ここから本文です

ライコネン「全体的にグリップが足りない」

TopNews 9月18日(日)13時4分配信

フェラーリのキミ・ライコネンが、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われたF1シンガポールGP予選を終えて次のようにコメントした。

■キミ・ライコネン「決勝ではいいスタートを決める必要がある」
フリー3/3番手 1:44.860
予選/5番手 1:43.540
「多かれ少なかれ、今日のクルマでできることはやれたよ。もちろん、予選順位には少しがっかりしている。だけどここはトリッキーな場所だからね。5番手というのは理想的な位置ではないけれど、Q3での最初のラップにはかなり満足できていたよ。クルマのハンドリングもよかったしね」

「最後のラップでは少し限界を超えるくらい攻める必要があることは分かっていたし、改善できるよう頑張った。だけどうまくいかなかった。いくつかミスを犯してしまい、ターン1では大きく曲がり過ぎてクルマが横を向いてしまった。クルマにはまったく問題はないけれど、全体的にグリップが不足しているしシンガポールではそれによって大きな違いが生まれてしまうんだ」

「明日はいいスタートを決めるしかないし、そこから頑張るよ。チームによってタイヤの使い方も違ってくるだろうしね。決勝はすごく長いものになるだろうし、いつもいろんなことが起きる。だからタイミングをうまくつかんで前に出られるようにしないとね」

最終更新:9月18日(日)13時4分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。