ここから本文です

ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジアシリーズ 第5戦…本国CEOも来日

レスポンス 9/18(日) 10:30配信

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、スイスの高級時計ブランド、ブランパンと共催するワンメイクレース“ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ”のアジアシリーズ第5戦を、9月17日から18日にかけて富士スピードウェイにおいて開催している。

[関連写真]

同レースは、昨年まで『ガヤルドスーパートロフェオ』と『ウラカンスーパートロフェオ』の混走であったが、今年からウラカンのみとなった。ウラカンスーパートロフェオは、V型10気筒5.2リッターエンジンを搭載し、パワーは620ps。後輪駆動だ。

このレースの富士スピードウェイでの開催は5年連続で、今年は、鈴鹿を経て、日本上陸は2度目だ。また、この週末はヨーロッパシリーズ、北米シリーズの三大陸シリーズ同時開催。来る第6戦の最終決勝は12月1から2日、スペインはバレンシアのリカルド・ト ルモ・サーキットで行われ、翌3日、4日には同サーキットで三大陸シリーズのワールドファイナルレースが開催される予定だ。

レースフォーマットは50分間で、レース開始から20から30分の間にドライバー交代のためのピットインが義務付けられている。また、ドライバーの経歴や構成によって、PRO-AM-A、PRO-AM-B、AM、Lamborghini Cupのクラスに分けられている。

アウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏も来日。日本での観戦は初だとし、「ブランパン・スーパートロフェオは、ランボルギーニの情熱が感じられるレースだ。そして、ランボルギーニにとってモータースポーツは重要で、今後も育てていきたい」とコメント。また、「日本は素晴らしいマーケットで、多くのユーザーに我々のブランドを支持してもらっている」と評価した。

17日のレースは16台が完走。最終戦間近ということもあり、テールツーノーズの接戦が繰り広げられた。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:9/18(日) 10:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。