ここから本文です

フェルスタッペン「予選4番手にはがっかり」

TopNews 9月18日(日)13時55分配信

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われたF1シンガポールGP予選を終えて次のようにコメントした。

●【動画】フェルスタッペン、オオトカゲと走行中に対面

■マックス・フェルスタッペン「スタートタイヤの違いによる効果に期待」
フリー3/2番手 1:44.411
予選/4番手 1:43.328

「予選は素晴らしいものにはならなかったし、自分のスタート位置にはがっかりしているよ。今週末のクルマはフリー走行セッションを通じていい感触だったし、走っていてもすごく安定しているんだ。だけど予選ではうまくまとめることができなかった」

「予選の間ずっとフロントタイヤに熱を入れることに苦労していたし、バランスも完ぺきではなかった。何度もフロントタイヤをロックさせてしまい、1周をうまくまとめあげることができなかったから、それが残念だよ」

「僕たちのレースペースはいいし、メルセデスAMGとは違う戦略でいくことになる。僕たちはスーパーソフト(タイヤ)でスタートするからね。それがレースでどういうふうに機能するか様子を見るつもりだし、4番手より順位を上げられるといいな」

最終更新:9月18日(日)13時55分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。