ここから本文です

ヴィーナスアローが断然人気に応え無傷の5連勝/金沢プリンセスC

netkeiba.com 9月18日(日)17時9分配信

 18日、金沢競馬場で行われた第11回金沢プリンセスC(2歳・牝・ダ1400m・1着賞金250万円)は、4番手でレースを進めた田知弘久騎手騎乗の1番人気ヴィーナスアロー(牝2、金沢・金田一昌厩舎)が、直線で脚を伸ばして、2番手追走から一旦先頭に立った2番人気バーバリアン(牝2、金沢・金田一昌厩舎)を捕らえ、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒6(不良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に3番人気ゴールドハリアー(牝2、金沢・黒木豊厩舎)が入った。

 勝ったヴィーナスアローは、父パイロ、母スパートル、その父ゼンノロブロイという血統。デビューから無傷の5連勝で重賞制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヴィーナスアロー(牝2)
騎手:田知弘久
厩舎:金沢・金田一昌
父:パイロ
母:スパートル
母父:ゼンノロブロイ
馬主:村山忠弘
生産者:市川ファーム
通算成績:5戦5勝(重賞1勝)

最終更新:9月18日(日)17時9分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ