ここから本文です

【楽しい川柳・国訛り】男の子…各地で呼び方さまざま 福島

産経新聞 9月18日(日)7時55分配信

《やろっ子が こうもりさして あるってる

 福島市 うつくしまふくしまみっちゃん》

 ◆句作者コメント

 〈8月から9月にかけて東北ではたいへん雨が多いですが、子供が傘をさして歩いてる姿はかわいらしく、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。「やろっこ」は男の子、女の子は「めろっこ」です〉

 福島では男の子は「やろっ子」ですか。私の住んでる青森県では「わらしこ」と言います。男の子は「男わらしこ」。

 福島の会津の方では「おとっこ」とも言うようですね。山形でも「おとっこ」。「こぼ」「こぼこ」とも。秋田では「あんちゃめ」「かも」「ちんぺ」。宮城では「あんつぁん」「やろこ」。岩手では「やろ」「おとこわらし」などと。

 調べていておもしろかったのが、東北ではありませんが、和歌山では「やっころさ」。沖縄では「ういきがわらび」などとも言うのだそうです。

 小さな島国の日本も言葉の旅をすると結構広いんですねえ。

 8月、台風10号が東北を通りました。皆さんの所はいかがでしたでしょうか?

 被災された皆さんには心からお見舞い申し上げます。私の所の青森県津軽では被害は微少でしたが、私が遭遇した一つの光景のことをお話しします。

 道を歩いていたおばあちゃんの傘が突然逆さまになってフワアーと飛んでいきました。飛ばされた傘がくるくる舞いながら遠ざかっていくのを、通りかかったタクシーの運転手さんが見て、車を止めて飛び降りて、走っていって、傘をつかまえました。

 傘を受け取ったおばあちゃん、風の中で、何度も何度も頭を下げていました。良い光景でしたねえ。

 〈助け合う 心で風も ぬぐいなあ〉と、思わず一句できました。

 子供たちも、色とりどりの傘をさして、大声で話しながら元気に登校しています。やろっ子もめろっ子も。可愛くて思わず「おはよう!」と声をかけてしまいます。

 では皆さん、これからも、「お国ことば」を詠み込んだ投句、お待ちしています。

 方言句と、それについてのことばの説明や、句についてのコメントなども添えてくださいね。

最終更新:9月18日(日)7時55分

産経新聞