ここから本文です

容疑者、発見者を装う言動 西東京のアパート住人殺害

朝日新聞デジタル 9月18日(日)2時20分配信

 部屋の中を見たら人が倒れていた――。東京都西東京市のアパートで無職多田和代さん(79)が首を切られて死亡していた事件で、殺人容疑で警視庁に逮捕されたアルバイト平岡大容疑者(30)は、事件直後の8月初め、警察や知人らに発見者を装うような言動を繰り返していたという。

 平岡容疑者とアルバイト先で同僚だった女性は、事件発覚翌日の8月3日早朝、駅でたまたま平岡容疑者に会った。平岡容疑者は、自分が住むアパートであった事件について自ら話し始め、「いまも警察で事情を聴かれていた」と話し、こう説明したという。

 「隣の(多田さんの部屋の)玄関ドアが開いていて、中を見たら人が倒れていた。助けようと中に入ったら、首から血が出てて倒れていた」

 警視庁によると、平岡容疑者は事件発覚直後の8月2日夜、発見者として田無署を訪れ、同様の話をしていたという。ところが、事件から約1カ月半後の9月16日夜、それまで「隣人」として事情を聴かれていた警視庁の捜査員に「話があるので明日来てくれ」と電話で伝え、対面した捜査員に「自分が殺した。なかなか言い出せなかった」と打ち明けたという。

朝日新聞社

最終更新:9月18日(日)2時58分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。