ここから本文です

(日曜に想う)政局読みに与ふる書 編集委員・曽我豪

朝日新聞デジタル 9月18日(日)7時30分配信 (有料記事)

 この夏、不思議な小説を読んだ。「シニアの品格」(小屋一雄 小学館)だ。
 出世街道から外れた壮年のサラリーマンがテニスサークルで「古井戸よろず相談」とあだ名される老人と出会う。自分を貶(おとし)めたと思う人々への不満をぶつけるが、要領を得ない老人の対応に最初はいらだつ。だが老人に促され、ものは試しで、ある「演習」を始めて一変する。
 上司や部下の立場に成り代わって自分役の老人と対話を重ねるうち、相手と自分の本当の姿を次々と発見するのだ。
 それで現実の人間関係も変わっていくのだが、あらすじの紹介だけではこの不思議さは伝わらない。……本文:3,178文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月18日(日)7時30分

朝日新聞デジタル