ここから本文です

三菱UFJ技術育成財団が今年度の研究助成の交付先4社を決める

SankeiBiz 9月19日(月)8時15分配信

 三菱UFJ技術育成財団は8日、2016年度第1回研究開発助成金の交付先として、エルピクセル(東京都文京区)、カワノラボ(大阪府池田市)、メディカルフォトニクス(札幌市北区)、MOLCURE(モルキュア、東京都品川区)の4社に決めた。

 エルピクセルは東京大学発ベンチャー企業で画像解析技術の開発を手掛ける。カワノラボは大阪大学発ベンチャーで微粒子を使った分析技術を開発する。

 メディカルフォトニクスは北海道大学発ベンチャーで採血不要の血中脂質計測器の実用化に取り組む。MOLCUREは人工知能(AI)を用いた独自の高機能抗体医薬品候補物質の探索技術を持つ。

最終更新:9月19日(月)8時15分

SankeiBiz