ここから本文です

「乃木坂」高山は美脚だけじゃない!秋元康氏も絶賛した人柄の良さ

東スポWeb 9/18(日) 10:03配信

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の高山一実(22)が16日、都内で初のソロ写真集「恋かもしれない」の発売記念イベントを行った。

 ソロ写真集発売は乃木坂で7人目となる。グループナンバーワンの“美脚の持ち主”として知られる高山はミニスカ姿で登場し、「セクシーなショットもあるし、笑顔もあるし、自然の表情が多いですね」と笑顔を見せた。

 報道陣から美脚について聞かれると「美脚と言っていただけるのはうれしいですが…」と恐縮。ただ「腕に比べたら、脚の方が自信がある。腕とかは一般の人よりもゴツめなので」と話した。

 撮影は5月下旬に地元の千葉・南房総市を中心に千葉県の各地で行われた。ただ、海外で写真集を撮影したメンバーが複数いたため、マネジャーに「私は千葉なんですか?」と尋ねたという。次回作で希望する撮影地を聞かれると、高山は「北欧がいいですね。ギリシャの…ヘルシンキ!」と意味不明の珍回答。困惑する報道陣に「ヘルシンキってどこでしたっけ。フィンランドですか? 恥ずかしい!」と赤面した。

 そんな高山は秋元康総合プロデューサー(58)から“人柄”が大絶賛されているという。写真集には秋元氏から「写真は正直だ。高山一実の性格のよさが、すべてのページにあふれている」というコメントが寄せられた。

「ラジオ番組で、おしゃべりが苦手で泣きだしたメンバーを必死にフォローしたのを見た秋元さんは『高山は性格がいい子』『高山の補佐役が素晴らしかった』と絶賛。乃木坂メンバーからもムードメーカーとして慕われている。“妹分グループ”欅坂46のメンバーの相談にも親身になって乗っているそうで、『高山と話すとポジティブになれる』と評判ですね」(アイドル誌編集者)

 その影響はファンにも及んでいるようで「高山ファンはマナーが素晴らしい」と言われているという。

最終更新:9/18(日) 10:03

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革