ここから本文です

<高校野球>秋季静岡県大会1回戦 清水庵原球場(17日)

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月18日(日)8時6分配信

 ■聖隷 逃げ切る

 ▽1回戦(清水庵原第1試合)

 清水桜が丘(中部3位)

 000200101―4

 41000000×―5

 聖隷クリストファー(西部5位)

 ▽二塁打 有村(清)鈴木瞳、山田、安藤、松本(聖)

 ▽暴投 河合(聖)

 ▽試合時間 2時間23分



 【評】聖隷クリストファーが序盤の点差を守り切り、清水桜が丘に勝利した。

 聖隷クリストファーは一回、鈴木瞳の二塁打に犠打を絡め先制。山田の2点適時打で点差を広げると、さらに機動力を生かして二回までに5点を奪った。

 清水桜が丘は九回に1点差まで詰め寄ったが、及ばなかった。



 ■初回に4点打線つながる

 聖隷クリストファーが、相手先発投手の立ち上がりを突いた。一回に打線がつながり4得点。その後は追われる展開だったが、集中力を切らさず勝利をもぎ取った。

 一回、1番鈴木瞳の二塁打を足掛かりに畳み掛けた。1点を先制後の一死一、二塁で5番山田が左翼手の頭上を越える二塁打を放ち、2点を追加。「打者有利のカウントで積極的に狙えた」と振り返った。

 一方、三回以降は散発4安打に抑えられ、課題も残った。水谷主将は「中押し、だめ押しが取れなかった。次は効果的に得点したい」と次戦を見据えた。



 ■常葉橘が終盤逆転

 ▽1回戦(清水庵原第2試合)

 小笠(西部5位)

 001000000―1

 00000021×―3

 常葉橘(中部5位)

 ▽本塁打 進士(常)

 ▽三塁打 紅林(常)

 ▽二塁打 加茂、夏目、鈴木楓(常)

 ▽暴投 岩瀬(小)鈴木楓2(常)

 ▽試合時間 1時間50分



 【評】常葉橘が終盤に長打を重ね、小笠に逆転勝ちした。

 常葉橘は1点を追う七回、進士の本塁打で追いつくと、失策で出塁した加部が二盗。8番夏目が適時二塁打を放ち逆転した。八回にも長打2本で加点した。

 小笠は三回に本盗で先制。岩瀬が六回まで無失点に抑えたが、終盤に打ち込まれた。

静岡新聞社

最終更新:9月18日(日)9時56分

@S[アットエス] by 静岡新聞