ここから本文です

テレサ・ルーが開幕戦以来の今季2勝目 比嘉真美子が4位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/18(日) 14:29配信

◇国内女子◇マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日(18日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6397yd(パー72)

<フォトギャラリー>マンシングウェアレディース東海クラシック

テレサ・ルー(台湾)がともに16アンダーの首位からスタートし、通算18アンダーで並んだ全美貞(韓国)とのプレーオフを制して開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」以来となる今季2勝目を飾った。

戦況は後続に4打差をつけて同じトップから出た全美貞(韓国)とのマッチレース。ルーはともに17アンダーで迎えた13番で第1打を左サイドのOBゾーンに曲げてダブルボギーを叩いて後退したが、続く14番ですかさずバーディ。16番(パー3)では10m以上のバーディパットをねじ込んで再び追いついた。プレーオフでは1ホール目(18番)で4mのフックラインを読み切ってバーディとし勝負を決めた。

キム・ハヌル(韓国)が通算13アンダーで3位に入った。

21位からこの日のベストスコア「65」をマークした鈴木愛が通算12アンダーとして、成田美寿々、フェービー・ヤオ(台湾)と並び4位タイ。比嘉真美子も5連続を含む7バーディ(2ボギー)の「67」で回って同じ4位で終え、2位に入った2014年「フジサンケイレディスクラシック」以来のトップ10入りを果たした。

イ・ボミ(韓国)は2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせず通算6アンダーの19位タイに終わった。

【上位陣と主な選手の成績】
優勝/-18/テレサ・ルー
2位/-18/全美貞
3/-13/キム・ハヌル
4T/-12/成田美寿々、鈴木愛、比嘉真美子、フェービー・ヤオ
8/-11/飯島茜
9/-9/笠りつ子

19T/-6/イ・ボミ

最終更新:9/18(日) 18:16

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)