ここから本文です

【TGS2016】『BTOOM! ONLINE』正式発表!白熱の爆弾バトルが楽しめるステージレポ

インサイド 9/18(日) 13:52配信

2016年9月15日から18日に幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2016」。今回は、アソビモブースにて行われた、『BTOOOM! ONLINE(仮)』のステージイベントをレポートします。ゲストは、『BTOOOM!』原作者の井上淳哉先生、アニメでヒミコを演じている声優の三森すずこさん、ドキドキグルーヴワークスの高橋名人です。

【関連画像】

『BTOOOM!』は、日々を無為に過ごす典型的なニートの坂本竜太が主人公の漫画です。突如見知らぬ男たちによって南海の孤島に連行された彼は、爆弾を駆使した殺し合いをすることになります。この内容は、竜太が世界ランカーとなっているネットゲーム『BTOOOM!』と酷似していた──という内容です。様々な爆弾を使用した攻防や極限状態に陥った登場人物の人間性などが描かれ、アニメ化もされている人気作品です。

イベントではまず、本作の正式発表が行われました。ユーザーから募集したタイトル候補のなかから選ばれたのは、『BTOOM! ONLINE』です。


本作は、8対8の3Dマルチプレイ対戦アクションゲームです。相手プレイヤーの死角から忍び寄り、一瞬の隙をついて仕留めるステルスアクションが主体。武器は、原作同様「BIM(爆弾)」で、種類は時限式やリモコン式などのおなじみのものから、ゲームオリジナルも登場するとのことです。激しいバトルの末、敵を倒しながらチップを5枚集めると勝利できます。


続いて、実機デモプレイがスタート。本作は8対8のマルチプレイとなっているため登壇者に加え、来場したファンの中から希望者がプレイできました。機材の調整によりそれぞれが4人対戦となりましたが、相手プレイヤーを探しつつ自分も追われているという緊張感のある状況に、夢中になって白熱したバトルを繰り広げていました。

以上、『BTOOM! ONLINE』イベントレポートをお送りいたしました。

最終更新:9/18(日) 13:52

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]