ここから本文です

「遂行可能」もう言わない=難民受け入れ政策のスローガン―独首相

時事通信 9月18日(日)5時39分配信

 【ベルリン時事】ドイツのメルケル首相は17日の経済誌ビルトシャフツボッヘ(電子版)に対し、中東などからの難民受け入れ政策を遂行する決意を込めて用いてきた「われわれは成し遂げられる」というスローガンを今後は使わない考えを示した。

 
 18日にはベルリン市(州と同格)で議会選挙が行われ、反難民の新興右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の議席獲得が確実な情勢。首相のスローガン不使用の意思表示は、難民に対する国民の不満を意識した判断とみられる。 

最終更新:9月18日(日)5時45分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。