ここから本文です

筒香、松井上回る25歳で「40本&100打点」

日刊スポーツ 9月18日(日)5時0分配信

<阪神3-6DeNA>◇17日◇甲子園

 自身初の大台に乗せた。DeNA筒香嘉智外野手(24)が3安打3打点の活躍で、プロ最多の101打点まで積み上げた。1点を追う5回2死満塁、阪神能見から走者一掃の決勝3点適時二塁打。40本塁打に加え、打点もリーグ単独トップに躍り出た。

【写真】DeNA筒香「まだまだ頑張ります」初の100打点

 DeNAでシーズン100打点以上は13年ブランコ以来13人、16度目。筒香は今年で25歳。DeNAで25歳シーズンまでに100打点は、24歳の78年に104打点の田代に次いで2人目だ。

 25歳以下のシーズンに「40本・100打点」は7人、9度目。セ・リーグでは63~65年王(巨人)04年岩村(ヤクルト)筒香の3人だけ。

 松井(巨人)は23歳で100打点、25歳で40本塁打したが「40本・100打点」を初めて記録したのは26歳の00年だった。

最終更新:9月18日(日)5時7分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。