ここから本文です

大阪桐蔭の山本ダンテ武蔵が大活躍!西谷監督「オコエに負けるな」

デイリースポーツ 9月18日(日)6時3分配信

 「秋季高校野球大阪大会・2回戦、大阪桐蔭14-1和泉」(17日、久宝寺球場)

 3年連続のセンバツ出場を目指す大阪桐蔭が、12安打14得点で初戦をコールド発進。今大会が公式戦デビューで、米国人の父を持つ3番・山本ダンテ武蔵外野手(2年)が、3打数3安打2打点、1盗塁の活躍で強力打線をけん引した。

 初回の第1打席で中前適時打を放つと、打者一巡で回ってきた2死二塁の第2打席でも左前適時打を放った山本。第3打席では左中間を真っ二つに破る二塁打を放ち、「自分にとっては1打席、1打席が勝負なので」と力を込める。

 テークバックや打ちに行く際に体の動きが少ないため、ミスショットが少ない。加えて中学時代に6秒1をたたき出した俊足も魅力の選手だ。だが一つ上の世代では一度も公式戦でベンチ入りできず、新チームがスタートしても当初はレギュラーではなかった。

 それでも練習試合で代打など数少ないチャンスをものにし、結果を残してきた。新チーム初の公式戦では3番に抜てき。西谷浩一監督は「まだ打順を固定できていないけど、ダンテは練習試合からずっと結果を出してきたので」と起用理由を説明する。

 山本には忘れられない指揮官からのゲキがある。昨夏、甲子園でナイジェリア人を父に持つ関東第一のオコエ瑠偉(現・楽天)が大活躍。その後、U-18日本代表で西谷監督から直接指導を受け、飛躍的に打撃技術を向上させた。オコエの活躍を間近で見た指揮官から「お前はオコエを抜けるように頑張れ。負けるな!」とゲキを飛ばされたという。

 「自分たちは1年生の時から力がないと言われてきた。力がないなら、力を合わせてやっていこうと。まとまって力を出せるように」と力を込めた山本。米国軍人の父が大相撲・武蔵丸のファンだったことから、「武蔵」と名付けられ、広島県の江田島で育った。

 今までスポットライトを浴びることがなかったニューヒーローが、3年連続となるセンバツの舞台へ-。自慢の強力打線を引っ張っていく。

最終更新:9月18日(日)7時31分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]