ここから本文です

「ダライアスバースト」新規DLCは「怒首領蜂」のCAVEと「蒼穹紅蓮隊」の8ingが参戦!

Impress Watch 9月18日(日)11時21分配信

 東京ゲームショウ2016のTokyo Otaku Mode LIVE STREAM HUTブースにおいて17日、プレイステーション 4/PlayStation Vita用横スクロールシューティングゲーム「ダライアスバースト CS(クロニクルセイバーズ)」の追加DLCの発表が行われた。

【この記事に関する別の画像を見る】

 発表にはタイトーの針谷真ディレクターと、DLC以降の開発をピラミッドから受け継いだ有限会社グレフの丸山博幸氏が登場。丸山氏はかつてタイトーに勤めていた時代、「Gダライアス」の開発にも参加している。

 今回の発表では、新規DLCに「怒首領蜂(どどんぱち)大復活」、「デススマイルズ」、「ケツイ 絆地獄たち」の「CAVEパック」と、「バトルガレッガ」、「魔法大作戦」、「蒼穹紅蓮隊」の「8ingパック」の2種をリリースすることが明かされた。すでに「ダライアスバーストCS」はDLCを購入し「DLCモード」を選択することで、第1弾はタイトーと、第2弾はセガとのコラボ機体を選択してのプレイが可能となっている。

【スクリーンショット】

 発表会には、CAVEの清水則雄氏が飛び入り参加してプレイを披露した。使用機体はもちろん「怒首領蜂大復活」の自機「デルタソード」。自機の射撃中にまとうオーラで密着した敵を攻撃する「オーラ撃ち」や、敵が撃ってきた弾を消滅させる「ハイパーモード」も再現されている。丸山氏いわく、DLCの機体モデルは1994年に発売された縦スクロールシューティングゲーム「RAY FORCE」のメインデザイナーなのだとか。「(CAVEとダライアスとの)融合を目指した」とも話す。

 さらに、DLCミッション2と3ではコラボ元作品のBGMを原作の音楽が流れるタイミングをすべて再現しているとのこと。第2弾まではいくつかのBGMを抜き出していたが、第3弾からは“全て”使うと丸山氏は語る。観覧者からは何度も感嘆や笑いの声があがり、本家の清水氏は「よくできている」ともらす。歴代シューティングゲームファンには大きな期待の集まるDLCとなりそうだ。

 そして、これまでダウンロード版のみであった同作PS4版のパッケージ版をリリースすることが決定した。通常版と限定版の2種類あり、限定版にはBGMのサウンドトラックに、現在検討中ではあるがオリジナルグッズが付属するとのこと。またTGS2016では、デジカブースにて「ダライアス」シリーズ30周年記念Tシャツを販売している。

GAME Watch,今藤祐馬

【関連記事】

最終更新:9月18日(日)11時21分

Impress Watch