ここから本文です

自慢のコシヒカリ大人気 栃木・高根沢で恒例「新米まつり」

産経新聞 9月18日(日)7時55分配信

 田んぼが広がる高根沢町で、町特産コシヒカリの新米を店頭販売前に味わってもらおうと、同町元気あっぷむら(同町上柏崎)で17日、恒例の「新米まつり」が始まった。18日まで。

 農薬や化学肥料を減らした農法で生産された同町産コシヒカリの新米が約3万9千キロ用意され、イベント開始前から購入希望者や予約した人たちが次々と来場した。約250人が予約し、生産農家による台新田ふるさとづくり協議会のメンバーや元気あっぷむら職員らが米袋を台車で運んだり、購入者の車に積み込んだりした。

 協議会の小林一夫会長(67)は「土壌が良く、甘みのあるおいしいコメ。毎年購入するリピーターも多い」と手応えを示す。

 会場には、新米試食や町の新名物、焼ちゃんぽんなどを販売するテントも並んだ。予約した30キロ6袋を購入した宇都宮市の岩崎一夫さん(75)は「おいしいので、横浜にいる娘にも頼まれている」と話していた。

最終更新:9月18日(日)7時55分

産経新聞