ここから本文です

海老蔵、1カ月ぶり歌舞伎!乳がん闘病中の妻・小林麻央ブログスタート後初

サンケイスポーツ 9月18日(日)7時0分配信

 乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)の夫で歌舞伎俳優、市川海老蔵(38)が17日、千葉・成田国際文化会館で1カ月ぶりに“本職”の歌舞伎舞台を務めた。

 海老蔵は、今年6月に麻央の乳がんを公表。翌7月には家族との時間を大切にしたい気持ちから、長期休暇を取得。この1カ月間で麻央がブログを開設し、麻央の姉でフリーアナ、小林麻耶(37)も3カ月ぶりにブログを更新した。

 江戸時代から当地と縁があり、成田屋の屋号を持つ海老蔵は、昨年から成田市御案内人に就任。満席の会場で演目「三升曲輪傘売(みますくるわのかさうり)」などを披露し、万雷の拍手を浴びた。

 舞台前に成田山新勝寺で行われた「成田伝統芸能まつり」の開会式では、「多くの方々に来ていただき、ありがとうございます。1カ月ぶりに歌舞伎の舞台を一生懸命務めます」とあいさつ。ブログでも「久しぶりの舞台。」のタイトルに続けて、「でも思ったよりリラックスしててホッとしてます笑」とつづった。

 一方の麻央も、「念のため笑」のタイトルでブログを更新。「連日、暗いお話が続き、すみません。今、過去の自分になって振り返っているので、こんな形になりがちですが、永遠に悲しくはありません。これからもぜひお付き合い下さい」と前向きにつづった。

最終更新:9月18日(日)7時0分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。