ここから本文です

底抜けの明るさと強い向上心 テレサ・ルーの2つの強み

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月18日(日)17時5分配信

◇国内女子◇マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日(18日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6397yd(パー72)

【画像】テレサ・ルーの鬼気迫るトレーニング風景

テレサ・ルー(台湾)が今季2勝目をあげた。通算18アンダーで並んだ全美貞(韓国)とのプレーオフを1ホール目で制した。中盤のミスで遠のいたタイトルを、意地の粘りで手繰り寄せた。6カ月ぶりの美酒に「やっとですよ」と浸った。

この日“2度目”の18番ホール。勝負を決める4mのフックラインを流し込むと、力強いガッツポーズを見せた。「65」「63」を出した前2日とは異なり、この日は「70」と伸ばしきれず。「きょうは悪かったけど」というが、3月の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」以来の勝利を素直に喜んだ。

天真爛漫な28歳の心は、窮地に立っても、どこか余裕がある。首位タイで迎えた13番で1Wのティショットを左に曲げてOBとした。このホールでダブルボギーを叩き、一気に2打のビハインドを負った。「攻めるしかない」と引き締めた。だが、「あとは、神様次第!」と舌をペロリ。割り切っていた。

14番で4mを決めて息を吹き返した。朝から降り続いた雨で、重くなったグリーンで「しっかり打ち切ろう」とパターを力強く振った。続く15番を獲ると、13mをねじ込んだ16番で3連続バーディとし、全をとらえた。

日本で11勝目を挙げても、自分との戦いは終わらない。いまでこそトッププレーヤーだが、プロ転向後、未勝利の時間は約8年に及んだ。日本に来て、2013年に初勝利を挙げるまでに同郷の先輩・ト阿玉に「一打に集中しなさい」と言われた。徹底的にこだわると決めた平均ストロークは今季全体6位の「71.06」。目標の60台は「ちょっと厳しいかも」と苦笑い。

だが「全米女子オープン」「全英リコー女子オープン」「リオデジャネイロ五輪」と約3カ月、世界転戦して得た刺激も充分だった。「朴仁妃のパット、リディア・コーの冷静さがすごかった」と興奮気味。左に曲がる癖のあるショットも「ドライバーはまだ不安。今日も全然ダメ。でもアイアンは徐々に良くなっている」と前のめりで目を輝かせた。

14日(水)の練習ラウンドは「しっかり回る予定が…。1ホールで帰って来ちゃった」と茶目っ気たっぷりに笑う“底抜けの明るさ”。そして「私も、もっともっと上手くなりたい」という“強い向上心”。どちらも強さを支える大事な要素なのだろう。(愛知県美浜町/林洋平)

最終更新:9月18日(日)18時26分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]