ここから本文です

伊勢エビ漁が解禁 南伊豆で静岡県内初水揚げ

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月18日(日)8時24分配信

 静岡県内の伊勢エビ漁が解禁され、南伊豆町の下流港では17日朝、82・4キロが初水揚げされた。漁港では地元の女性らが「カキ」と呼ばれるL字型の道具で、網からエビを次々に取り外した。

 漁期は16日から2017年5月14日まで。下流海老組合の3隻が16日夕、沖合50~200メートルの海底に帯状の刺し網を仕掛け、組合員8人が17日早朝に水揚げした。初日に捕獲したエビは体長15~30センチほど。平山吉弥組合長(75)は「形、大きさともこの時季としては平年並み」と話した。漁は10~11月に最盛期を迎えるという。

 同町は伊勢エビの水揚げ県内一で、全国有数の産地として知られる。15年度の漁獲量は前年度比3・5%増の43トンだった。

 生きの良いエビを楽しんでもらおうと20日から11月30日まで、町内の宿泊施設で特別メニューを提供する「伊勢エビまつり」が開かれる。

静岡新聞社

最終更新:9月18日(日)12時23分

@S[アットエス] by 静岡新聞