ここから本文です

日本ハム レジェンドユニホームで今季最多14得点 ソフト追走で稲葉ジャンプも復活

デイリースポーツ 9月18日(日)6時3分配信

 「日本ハム14-6ロッテ」(17日、札幌ドーム)

 日本ハムは、首位ソフトバンク追走へ負けられない試合で打線が爆発した。18安打、今季最多14得点の猛攻で逆転勝ちし、ピタリ0・5差。栗山監督は「とにかく勝つことで必死なんでね。連敗が止まってよかった」。前カードのオリックス戦での連敗を払拭する猛打を喜んだ。

 レジェンドシリーズとして行われたこの日、北海道に本拠地を移転してから7年間着用したユニホームでプレー。その効果か、強い時代の日本ハムがよみがえった。三回無死満塁からレアードの左前2点適時打で勝ち越すと、2死満塁で近藤が左中間へ走者一掃の適時二塁打。さらに右越え適時二塁打で続いた大谷は「前を打つ近藤さんが全てですね。いい流れで回してもらった」と先輩を持ち上げた。

 応援も当時と変わらぬ風景で選手を後押しした。中田はOBの稲葉氏の応援歌で打席へ。懐かしの「稲葉ジャンプ」の声援を背に、七回2死一、二塁では左中間フェンス直撃の2点適時二塁打。この日3安打の主砲は「うれしかったね。また違う意味で気合が入った」と効果を口にした。

 2位以上が確定した。あとはソフトバンクを追い越すだけだが「相手は関係なく、うちがしっかり勝てるように」と栗山監督。4年ぶりの優勝へ勝ち続けるのみだ。

最終更新:9月18日(日)7時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報