ここから本文です

チチャリート、PK失敗はレーザー光線のせいか 

ISM 9/18(日) 12:18配信

 現地時間17日に行なわれたドイツ・ブンデスリーガ第3節で、長谷部誠所属のフランクフルトに1対2で敗れたレヴァークーゼン。この試合では88分に得たPKを“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが失敗するシーンがあったが、その際に同選手の顔にレーザーポインターの光が当てられていたことが分かった。

 試合終了直前に絶好機を手にしたレヴァークーゼン。しかし、この日1ゴールを挙げているエルナンデスのキックはゴールポストに阻まれ、同点にはならず。独『ビルト』紙(電子版)は同選手の目と額に緑色の光線が当たっている様子を動画で掲載し「PK失敗はレーザーポインターのせいか」と伝えた。

 ただ、エルナンデスは試合後に「あれが邪魔だった」とレーザー光線について語ったのみで、試合中は主審にその件を訴えなかった。相手GKのルーカス・フラデツキもレーザーには気付いており、「彼の顔に光が当たっていたよ。でも彼のようなトップレベルの選手なら、そんなことは言い訳にできない」とコメントしている。

最終更新:9/18(日) 12:18

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]