ここから本文です

外国人留学生が10万人突破 高麗大トップ=韓国

聯合ニュース 9月18日(日)12時25分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国に留学している外国人学生の数が初めて10万人を突破した。留学生が最も多い大学は高麗大だった。

 韓国教育部と韓国教育開発院が発表した外国人留学生の数(今年4月1日基準)は10万4262人で、初めて10万人の大台を超えた。

 2000年に3954人にすぎなかった外国人留学生は2000年代半ば以降、韓流ブームなどの影響で急増し、2011年には8万9537人に増えた。その後、減少傾向にあったが、昨年は9万1332人と再び増加に転じ、今年10万人を突破した。

 一方、大学情報サイト「大学アリミ」によると、2016年度基準で外国人留学生が最も多いのは高麗大(ソウルキャンパス)だった。4333人の留学生が在籍しており、そのうち、学部・院生は1564人、語学研修や交換・訪問学生は2769人だった。

 次いで、慶熙大(3655人)、延世大(3223人)、成均館大(2783人)、中央大(2033人)と続いた。

 最高学府のソウル大は1596人で10位だった。

最終更新:9月18日(日)16時8分

聯合ニュース